マクラーレン

Bookmark and Share
数カ月の交渉を経てジェンソン・バトンがマクラーレンと新たな複数年契約にサインした。

バトンが来年チームに残ることはほぼ確実とみられていたが、2012年以降もとどまるのか、それとも選択肢を残しておくのかに注目が集まっていた。しかし5日(水)、マクラーレンはバトンと複数年契約を交わしたと発表。

「このボーダフォン・マクラーレン・メルセデス以上にアットホームなチームは経験したことがない」とバトン。「人生で最も素晴らしい4勝をここで挙げたし、今はドライバーズランキング2番手で、ドライバーとして一番いい状態だと感じている」

「それは正しいサポートがなければできないこと――ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスには他のどこよりも勝とうという情熱や決意が強いと確信できる」

「グランプリドライバーとして、そうした力強い思いを共有し、その一部でいられるということはこのチームのために将来にわたって長く尽くしたいという僕の願望を一層強くした。僕はレースやワールドチャンピオンシップで勝ち続けたいという野望を隠したことはなく、それをかなえられる場所がここだと信じている」

「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスは勝ち方を知っている。何年もの間そうし続けられるような組織にするための努力を続けているんだ」

契約年数の詳細は明らかにされていないが、チーム代表のマーティン・ウィットマーシュはバトンがルイス・ハミルトンと並んで"F1最高のドライバーラインアップ"を構成する1人だと述べ、契約締結に喜びを示した。

「ジェンソンは偉大なドライバーであり、人間としても優れている」とウィットマーシュ。「実際、彼はわれわれが契約した中で最も有能で尊敬されるドライバーの1人だと迷わず断言できるよ。彼が将来にわたりわれわれと戦ってくれることが決まってとてもうれしい。彼はこの組織にとって大きな財産であり、私は彼のチーム代表を務められることを誇らしく思う」

「彼はこれまでわれわれと成し遂げた成功をさらに積み重ね、これからの歳月でより一層の成功を手に入れるだろう。彼とルイスを見れば明かだ。彼らのコメントにはお互いに対する敬意と信頼が表れており、これからもチームとしての信念を証明してくれるはずだ。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスがF1で最高のドライバーラインアップを有しているということをね」

ハミルトンもこの知らせを喜ぶ。「ジェンソンがボーダフォン・マクラーレン・メルセデスに残ることを選んだのはいいニュースだ」と彼はいう。「ジェンソンは素晴らしい同僚で、加入したその時から本物のチームプレーヤーだった。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスはF1で独自の成功を収めてきたチーム。その一員であることを僕は誇りに思う」

「このチームでドライバーズタイトルを獲得したことは僕のキャリアで最高の瞬間だった。未来のレースに勝ち、ワールドタイトルを取ろうというジェンソンと僕のハングリーさ、強い決意は今まで通り変わらない」

{ 0 comments... Views All / Send Comment! }

コメントを投稿